注意したい頸部脊柱管狭窄症|加齢のせいだと決めつける前に受診

病院

首のまわりの違和感

診察室

肩・首まわりにコリを感じた時に、「疲れがたまっているから」とか「年齢のせい」といった自己判断をしていませんか。実は、この症状には頸部脊柱管狭窄症が疑われる場合があります。肩や首まわりのコリの他、指先にしびれや痛みが走る・上腕にしびれや痛みが走るといった症状があり、重度の場合には手指の動きが不自由になる事もあります。狭窄症の原因は、椎体をつないでいる靱帯が肥厚したり骨化したりして脊髄の通り道を狭めてしまう事によります。頸部脊柱管狭窄症が進行し神経に障害を与え始めると、事態は深刻になります。頸椎は頭と体をつなぐ非常に大事な部分。そこがダメージを受けると、脳からの指令を体に行き渡らせることができなくなってしまいます。そうなってしまうと、内臓や神経、血管に悪影響を及ぼしてしまうことになります。

頸部脊柱管狭窄症の治療法には手術以外に「温熱療法」や「サプリメントの摂取」があります。頸部脊柱管狭窄症では、脊柱管が狭くなり血の流れが悪くなったことで末梢神経に障害が生じます。血流を改善するために、痛みやしびれの症状がある部分を温めるのが「温熱療法」です。温めて血流を良くすることで、痛みやしびれを改善していきます。この他、血流改善に効果のある健康成分を摂取し、内側から痛みやしびれを改善させる方法があります。脊柱管狭窄症に良い成分としては、クロレラ、グルコサミン、コンドロイチンといったものが挙げられます。バランスよく食事を取っていても、脊柱管狭窄症のために必要な特定成分を多めに摂るといった調整はなかなか難しいことなので、サプリメントを活用して健康な体をつくることも大切になります。

免疫細胞療法を併用する

院内

がん治療で有名な池袋クリニックでは、免疫細胞療法を治療に積極的に取り入れているといいます。がん患者自身の免疫細胞を使って治療するので、副作用の心配も少なく、患者の精神的・肉代的な負担が軽減されることが期待できるからです。

読んでみよう

肝臓の癌の特徴と治療法

病院

肝臓がんは発症しても、初期段階では自覚症状がほとんどないとされています。症状として疲労感や倦怠感などの症状があります。初期段階は重い症状が現れないため、肝臓がんは早期発見が難しいといわれています。しこりが現れた場合は、かなり進行しているケースが考えられます。早急に内科で診察を受けましょう。

読んでみよう

病気の確定診断に有効

聴診器

免疫沈降は、抗原と抗体の作用を利用して抗原を抽出する分析方法の一つです。医療現場でも自己免疫疾患などの病気の検査に用いられています。免疫沈降を検査で使う場合に、病気の確定診断に有効という特徴があります。

読んでみよう