免疫細胞療法を併用する|注意したい頸部脊柱管狭窄症|加齢のせいだと決めつける前に受診

注意したい頸部脊柱管狭窄症|加齢のせいだと決めつける前に受診

CTスキャン

免疫細胞療法を併用する

院内

がん治療の専門クリニックとして人気が高い池袋クリニックでは、さまざまな免疫細胞療法を受けることができます。免疫細胞療法は、もともと持っている自分の免疫細胞を一度取り出して、培養する治療になります。免疫細胞を身体の外で活性化してから、再び体内に戻すのです。免疫力が低下するがん患者にとってはとてもメリットが大きい治療方法となります。免疫力が高くなるので、がん細胞を消滅させたり、減少させたりすることができるのです。例えば、樹状細胞療法では、樹状細胞の抗腫瘍免疫を最も高めることが可能になるので、多くの患者が受けているといいます。また、池袋クリニックでは、高活性NK細胞療法が有名になりますが、この樹状細胞療法や、NK細胞療法を組み合わせることで、さらなる相乗効果が期待できるでしょう。

池袋クリニックでは、この最先端の免疫細胞療法を従来の治療法と併用するケースが多いといいます。これまでのがんの治療といえば、抗がん剤や、手術、放射線といった治療がメインとなっていました。これらの治療法と、免疫細胞療法を併用することで得られるメリットは多いですが、がん患者にとっては副作用が軽減される可能性がアップすることで喜ばれているといいます。また、がん患者の体力低下を防ぐことも期待できるので、池袋クリニックでは、免疫細胞療法と従来の治療法を併せて検討する患者が増えているのです。免疫細胞療法は、患者自身の免疫細胞を使用するので、安心して治療に挑むことができるはずです。